根深ネギ栽培における土寄せのポイント(タキイ種苗株式会社)

  • 2020/07/02

Responsive image
目次
根深ネギ栽培について
根深ネギの作型と栽培 − 主な作型
根深ネギの作型と栽培 − 栽培について
根深ネギの作型と栽培 − 栽培2 育苗
根深ネギの作型と栽培 − 栽培3 ネギの育苗には「タキイねぎ培土」がおすすめ
土寄せのタイミング
土寄せの手順
土寄せのポイント
タキイの根深ネギについてご紹介
各品種の特徴

根深ネギ栽培について

太陽光を遮断することで、ネギの葉鞘部に軟白部ができます。タイミングを見て資材を用い強制的に遮断することもあれば、こまめに土を寄せることで太陽光を遮断する方法もあります。そうすることで白くやわらかいおいしいネギに仕上がります。

しかし、ネギにとっては機械による断根が発生したり、葉が傷ついたりなど決して好ましい作業ではありません。この度はこのネギの土寄せのポイントを解説します。

根深ネギの作型と栽培 − 主な作型

Responsive image

土寄せのポイントに入る前に、根深ネギの作型と栽培について少し説明しておきます。

表からもわかるように、根深ネギは他の作物とくらべて栽培期間が長いことが特徴です。

根深ネギの作型と栽培 − 栽培について

Responsive image

根深ネギの生育適温は16~20℃前後。乾燥には比較的強く、多湿には極めて弱い性質です。最も生育が旺盛となるのは20℃前後で、それよりも高温でも低温でも生育は停滞します。

●肥料の効かせ方

第2表からもわかるように、9~10ヵ月と圃場での生育期間の長い根深ネギでは、全施肥料の7割を追肥で行います。

トータルでチッソ成分10a当たり20~30kgを目安に施します。またリン酸を好む作物ですので、「ホスベジ10」などの亜リン酸肥料を葉面散布するのも効果的です。

根深ネギの作型と栽培 − 栽培2 育苗

Responsive image

育苗方法は、慣行の地床育苗とチェーンポットやセル成型ポットによる育苗に分けられます。近年では、省力化を目的として後者の育苗が多くなっています。

セルトレイやチェーンポットでの育苗の場合、培土が乾燥しやすいので、こまめな潅水が必要になります。

根深ネギの作型と栽培 − 栽培3 ネギの育苗には「タキイねぎ培土」がおすすめ

Responsive image

タキイの「ねぎ培土」は、速効性肥料と緩効性肥料をバランスよく配合した、ネギ育苗用の長期肥効培土です。茎の太い良質苗を追肥なしで作ることができます。

※育苗60日を超える場合は適宜追肥してください。


利点:軽い、排水性がよい

注意点:保水力が弱い、高温期での育苗には不向き

土寄せのタイミング

Responsive image

産地では夏場の出荷は軟白部25cm以上、それ以外の時期は30cm以上を目安としている場合が多くなります。その長さを確保するために、通常4~5回程度に分けて土寄せします。土寄せの時期は生育日数で判断するのではなく、ネギの生育状況に応じて行います。特に夏場の高温時期は生育が緩慢になるため、土寄せを行うと病害が発生しやすくなります。

また、最終土寄せから収穫までの日数が短いと、葉と軟白部の境が薄緑色となり商品価値が下がります。葉の縁と軟白部の白がきれいなコントラストを描くようにするには、夏場では3週間程度、冬場では1カ月以上の日数を要します。

では、それぞれのステージに合わせた土寄せについてみてみましょう。

土寄せの手順

Responsive image

①定植

耕土層により異なりますが定植前に15cm前後の溝を掘り、そこにネギの苗を定植します。その際、活着をスムーズにさせるために亜リン酸肥料を施す産地が増えています。タキイの「ホストマト」などの液体亜リン酸肥料を、定植前に苗床で2~3回施すとよいでしょう。また、チェーンポットで定植する場合は、紙筒が地表面に出ているとそこから乾燥して活着が悪くなるため、紙筒をしっかり地中に埋める必要があります。さらに高温時期の定植では、茎盤部が地表面近くになり直接高温の影響を受けないよう、やや深植えにすることもポイントです。

栽培に不慣れな場合は何cm土寄せしたかを確認できるよう、定植時に目安棒を置くのもよいでしょう。


②削り込み・埋め戻し

定植後、活着したら埋め戻し作業を行います。茎盤を安定した地中に位置させることで、ストレスをできる限り最小限に抑えます。

ただ分岐部には寄せすぎないよう、2回程度に分けて軽く削り込みます。その際、通路は凹みますが、V字にさせずM字型にすることがポイントです。


③土寄せ

削り込みでできたM字をキープしながら土寄せします。土がかかった葉は枯れていきます。葉は光合成を司る部位であるため、生葉(土がかからない葉)が多ければ多いほど栄養が作られ太ります。したがって土寄せの際は、生葉を必ず4~5枚残します。

生育適温下では1枚の葉が伸長するのに7~10日を要します。土寄せ後、葉がプラス2~3枚展開すればまた土寄せするといった感じで、2~3週間を一つの目安として土寄せを行います。


④最終土寄せ

夏場に最終土寄せする場合は、軟腐(なんぷ)病などの発生時期でもありますので、首元より3cm程度下までで抑えます。それ以外の時期は首元近くまでしっかり寄せます。ただし首元を埋めるほど土寄せを行うと、首部に土が入り調製作業に手間が掛かるので、注意しましょう。

収穫までの目安は前述の通りなので、収穫時期から逆算して土寄せを行ってください。収穫が遅れると緑と白のコントラストの美しさが薄れますので、適宜収穫を心掛けます。

土寄せのポイント

●高温時期の土寄せ

高温期の土寄せはネギにはストレスとなり、さまざまな障害が発生します。したがって夏場は涼しい日や時間帯を選ぶようにします。またストレスを軽減するために通路を一つ飛ばしで土寄せし、左右両側の根が一気に断根されるのを防ぎます。 秋口からスムーズな栽培に移れるよう、発根を強化させておく必要があります。定植時でも説明しましたが、亜リン酸肥料を施すと効果的です。「ホストマト」の場合は、葉面散布で夏場に3~4回施すとよいでしょう。


●土寄せ時の薬剤散布

土寄せを行うとネギ自体に傷がつき、そこから病原菌が侵入するので傷口をよく消毒する必要があります。特に台風時は、倒伏を防ぐため土寄せをしっかり行いますが、台風が通り過ぎた後はさらに傷口が広がっているので、できる限り早めに消毒します。

また、土壌病害がみられる圃場では、土寄せ前に薬剤散布が必要です。土寄せ前の消毒を怠ると、病原菌をそのままネギの株元に引き寄せることになってしまうので、登録のとれた薬剤をしっかり散布してから土寄せしましょう。


●品種による土寄せの違い

土寄せを行うとネギは縦方向に伸びます。したがって伸びやすい品種は、さらに伸びて軟白部が長く細いネギになる場合があります。品種特性を理解した土寄せが必要です。

タキイの根深ネギについてご紹介

Responsive image

ホワイトシリーズ

・ホワイトスター

・ホワイトタイガー

・ホワイトソード


北海道長沼研究農場で育成

⇒適温下で素直に生育

⇒冷涼地

⇒秋口から一気に仕上げる中間地

⇒食味重視産地、直売、菜園


●特長

・伸長性

・肥大性にすぐれる

・食味にすぐれる(やわらかくておいしい)

・皮が剥きやすい


●タキイ品種の使い分け

・ホワイトスター  

 →早生肥大性を生かした冷涼地の7~8月出荷が最適。   

  中間地では夏秋どり、年内どり。

・ホワイトタイガー  

 →べと病が問題になりやすい冷涼地の9月後半~11月出荷に最適。

・ホワイトソード  

 →秋口から気温下降期の生育が旺盛。特に冷涼地の10~11月出荷が最適。  

  中間地の場合は、12月~1月どりを中心とした秋冬どりに適する。

各品種の特徴

Responsive image

●ホワイトスター

早生品種である「ホワイトスター」は、伸びながら太る品種です。土寄せのタイミングを調整することで早期出荷も通常出荷も可能です。また、軟白部も十分30cmは取れるので、扱いやすい品種といえます。


特長

・肥大性にすぐれる

・やわらかく、辛みが少ない

・生育が旺盛である


栽培ポイント

①やわらかい

⇒病気になりやすい(さび・べと病)ので早期薬剤散布を心掛ける。

⇒寒さ傷みが早いので年内出荷。収穫遅れに注意。


②生育が旺盛

⇒根張りが強い反面、肥料に敏感な特性をもつ。  

 多肥で軟腐病、分けつが起こりやすいので注意。


③葉色が淡いが肥料が少ないわけではない(多肥厳禁)


●ホワイトソード

「ホワイトソード」は伸長性にすぐれますが、肥大は涼しくなった秋ごろから本格的にスタートします。そのため早め早めに土寄せを行うと細く長いネギになるため、できる限り土寄せを遅らせることがポイントになります。あるいは、1回分土寄せを行わず、最後にしっかり寄せても十分軟白部の長さは確保できます。


特長

・伸長性にすぐれる

・首のしまりにすぐれ、

・ばらけにくい 

・葉色濃く、見た目が美しい


栽培ポイント

①伸長性にすぐれるので、早期の土寄せは伸びすぎる恐れあり。土寄せを遅らせる。あるいは1回とばす。寒くなってから肥大するので、早まきしすぎない。

②根が太く回復遅いので排水のよい畑を準備。肥料には鈍感

  • 2020/07/02

  • ニュースねぎ

この記事を書いた人

タキイ種苗

これは広告です