タキイ交配 キャベツ 夢いぶき(タキイ種苗株式会社)

  • 2020/08/20

Responsive image
目次
年内から年明けの安定出荷が可能! 在圃性にすぐれ、黒腐病に強い寒玉中生種
品種特性
栽培のポイント
出荷ニーズに応じた夏まき品種提案

年内から年明けの安定出荷が可能! 在圃性にすぐれ、黒腐病に強い寒玉中生種

Responsive image

●耐病性の強化、耐倒伏性を目標に育成された寒玉種「BCR龍月」と「夢いぶき」 「夢いぶき」は「BCR龍月」と同レベルの高度な黒腐病耐病性をもち、寒傷みや裂球で出荷量が落ちる12月下旬~1月に高レベルの耐寒性と在圃性を発揮します。寒玉系の「夢シリーズ」に加わることで冬場のさらなる安定生産が可能になりました。

中間地・暖地での数年間の試作と経済栽培の結果から、所定の特性を十分発揮することを確認し、「BCR龍月」とともに同時発表いたします。

品種特性

①年内~年明けに安定出荷が可能

葉肉が厚く生育がじっくりするため、耐寒性と在圃性にすぐれます。そのため、凍霜害による品質低下や、過熟による裂球を招きやすい12月下旬~1月に品質のよい玉が安定して収穫できます。


②加工・業務、青果兼用種

加工・業務用出荷では契約期間内に決まった数量を安定して出荷することやカット後の歩どまりが高いことが求められます。

「夢いぶき」の耐寒性や在圃性は、低温期の安定出荷に最適です。また、短芯で収穫後の歩どまりがよいため、加工・業務用として安心して栽培いただけます。

青果向けとしても形状が扁円に安定するため、箱詰めが容易です。


③倒伏しにくく多収

「BCR龍月」と同様、生育後半まで根張りが持続し倒伏しにくく、玉尻からの腐敗が少なく収量が上がります。


④黒腐病に強い耐病性

「BCR龍月」と同レベルの黒腐病耐病性を示します。従来の予防的防除と組み合わせて実施することで、発病リスクを大幅に低減できます。

栽培のポイント

Responsive image

●適期播種、定植を心掛ける

「夢いぶき」は低温期の生育を緩やかにしたことで、耐寒性や在圃性を発揮する品種です。そのため播種や定植は適期で行い、年内に生育を順調に進め、玉を仕上げることが上作のポイントとなります。

逆に播種や定植が遅れた場合、適サイズの玉になる前に低温の影響で、玉肥大が緩慢になることがあります。

例えば気温低下が急な関東の中間地では、8月25日ごろまでに定植を終えられるように、播種期を設定します。その他の地域も適期表を参考に、播種、定植期を決定してください。


●圃場選定、肥培管理

生育初期からの適切な外葉形成が良作のポイントです。

そのため肥沃な圃場への作付けを優先します。定植後は十分な潅水を行い、早期活着に努めます。水分や肥効の抜けやすい圃場では、その後も潅水や追肥を適宜行い、適切な外葉形成を心掛けましょう。

肥培管理は元肥主体で行います。初期生育の時点で肥効を高め、外葉を大きく作ることで玉肥大を進めます。また、追肥で生育後半まで安定した肥効を保ちます。


●栽植密度

極端な密植栽培では熟期が遅れ、肥大不足になる懸念があります。そのため適切な外葉形成と玉肥大を確保できる条間・株間で栽培します。

畑地であれば単条栽培を行います。条間は60cm程度、加工・業務向け出荷なら株間35~40cm、青果出荷であれば株間30~35cm程度を目安にします。

水田では平高畝の2条栽培を行います。

高畝栽培や中耕により過湿を回避し、適切な根張り、株張りを確保します。


●病害防除

茎が短いため、倒伏による玉尻の腐敗は少ないですが、植物体が地面に近いため、地際部から罹病する菌核病、株腐病に対しては十分な防除を行います。

また、黒腐病に対して、完全な抵抗性ではありません。

そのため、従来の予防的防除と組み合わせた総合防除を心掛けましょう。

出荷ニーズに応じた夏まき品種提案

Responsive image

L玉出荷がメインとなる青果向け出荷では、面積当たりの箱数を増やすため、密植栽培でも玉ぞろいがよいことが特に求められます。

「BCR龍月」は耐病性以外でも、特に玉ぞろいに関しては主要産地で評価をいただいています。中間・暖地の11月どり栽培をご検討ください。

一方、加工・業務向け出荷の秋どりでは大玉で、早生・在圃性にすぐれ計画出荷しやすい「おきな」が定番です。 12月~4月どりは密植適性と在圃性を併せもつ、以下の青果・加工業務兼用種がおすすめです。


12月~1月どり:「夢いぶき」

2~3月どり:「夢ごろも」「彩音」

4月どり:「夢舞妓」


いずれの品種も、加工・業務需要で特に使用量の大きい「千切り」でキャベツに求められる「芯が短く、くり抜きやすい」「長さのある千切りが取れる扁円形状」「濃緑な葉色と球内色のコントラストで、カット時の見ばえがよい」という特長を持ち合わせています。

また「夢舞妓」は4月どり適性に加え、冷蔵貯蔵性にもすぐれるため、端境期である4~5月の安定出荷に貢献します。

  • 2020/08/20

  • ニュースキャベツタネ

この記事を書いた人

タキイ種苗

これは広告です