みさき 20ml袋/サカタのタネ

<メーカー希望小売価格※> ¥ 4,950(税抜)0(0)
※メーカー希望小売価格とは?

葉菜キャベツメーカー在庫あり

特性

Responsive image
  • 播種期:(高冷地・冷涼地)2月・3月・7月(一般地)1月・2月・3月・7月(暖地)1月・2月・3月・7月・8月
  • 収穫期:(高冷地・冷涼地)5月・6月・7月・10月(一般地)5月・6月・7月・10月・11月(暖地)4月・5月・6月・7月・10月・11月・12月
  • 果実サイズ及び特徴:葉肉はやわらかで食味がよく、生食用に適する。
  • 草姿および草勢:草姿は開張性だが外葉は小さく、密植ができる。
  • 耐病性:萎黄病に抵抗性がある。球重1.2kgでよくそろい、しまりがよい。
  • 適作型[耐暑性・耐寒性][トンネル・露地・ハウス]:(高冷地・冷涼地)5月・6月・7月トンネル、(一般地)5月トンネル、(暖地)4月・5月トンネル
  • コート/生種:生種
  • その他補足説明:タケノコ形の高品質極早生品種で春まきや夏まきに適する。抽だいするため、秋まきでは栽培できない。

適する作型

北海道、東北、高冷地

2~3月まき、6月どりのトンネル栽培や、3~7月まき、7~10月どりの露地栽培に適します。夏季の高温が30℃近くとなる準高冷地では、病害が発生しやすく、乾燥が伴うと小玉になりやすいので、盛夏どりは避けた方がよく、6~7月どりや9~10月どりとします。


一般地、暖地

一般地では1月中旬~2月まき5~6月どりのトンネル栽培 2月中旬~3月中旬まき6~7月どりの露地栽培 7月下旬~8月初旬まき10月~11月どりに適します。

暖地の春まきでは、上記より1旬早い栽培となり、夏まきでは1旬遅い栽培となります。

播種、育苗

健苗を育てることが良品多収のポイントです。日当たり、通風、排水のよい育苗床を選んでください。

温床育苗では、最低気温を10℃程度に保つようにし、日中は十分換気をして、徒長苗にならないよう注意します。

定植圃場

湿害には平玉品種より弱く、生育が劣り、結球も不ぞろいとなりやすく、乾燥が強いと小玉になるので、排水、保水のよい肥沃な圃場が適し、やや高畝として排水に留意してください。

定植

セルトレー育苗では播種後約25日、本葉4~5枚の若苗定植とし、活着を促進します。なお、根張りはあまりよくないので、定植は丁寧に行ってください。

密植向き品種ですが、栽植距離は一般に60×33㎝、55×33㎝、5,000~5,500株/10aがよいでしょう。

施肥

生育期間が短いので、元肥主体の栽培で初期から生育を進め、結球までに根張りをよくしておきます。

病害虫防除

育苗期はべと病に注意します。

特に多雨期の栽培では、結球部位が低く葉肉がやわらかいことから、尻腐れが発生することがありますので、高畝とし、通風、排水をはかります。

根こぶ病の発生地では、育苗は無病土で行い、石灰で酸性を中和し、高畝とし、排水に十分注意してください。

収穫

結球の進みが早く、したがって老化も早まります。また、生食用キャベツは緑の濃い新鮮さと、葉肉のやわらかさが重要ですので、若どりが大切です。収穫期間はあまり長くないので、労力に見合う作付計画も大切です。


納期の目安について
  • メーカーから直送(発送)の場合、5営業日
  • メーカー在庫の場合、前項プラス2日
  • 専門店が在庫している場合、2営業日
  • 専門店へ引取の場合、即時

購入者レビュー


    おすすめの商品

    【即出荷苗】ピーマン実生苗/数量限定/ケース販売
    • 特別価格¥3,122

    【即出荷苗】ピーマン実生苗/数量限定/ケース販売
    • 特別価格¥3,122