水菜 京のれん 2dl

<メーカー希望小売価格※> ¥ 30,000(税抜)0(0)
※メーカー希望小売価格とは?

葉菜水菜メーカー在庫あり

収量性に優れた、秋冬栽培好適品種!

Responsive image

※周年栽培可能な品種ですが、特に秋冬栽培に好適です。

【播種期】小〜中株どり

①8月播き(雨除けハウス) ②9月播き ③≪最適≫10月播き(ハウス) ④≪最適≫11月播き(ハウス) ⑤≪最適≫12月播き(ハウス) ⑥≪最適≫1月播き(ハウス) ⑦2月播き(ハウス) ⑧3月末〜4月頭播き ⑨4月播き ⑩5月播き ⑪6月播き(雨除けハウス) ⑫7月播き(雨除けハウス)

【収穫期】小〜中株どり

①9月収穫(雨除けハウス)・10月収穫(雨除けハウス) ②10月収穫・11月収穫 ③≪最適≫12月収穫(ハウス) ④≪最適≫1月収穫(ハウス)・≪最適≫2月収穫(ハウス) ⑤≪最適≫2月収穫(ハウス)・≪最適≫3月収穫(ハウス) ⑥≪最適≫3月収穫(ハウス) ⑦4月収穫(ハウス) ⑧5月収穫 ⑨5月収穫 ⑩6月収穫 ⑪7月収穫(雨除けハウス) ⑫8月収穫(雨除けハウス)

【草姿】

 草姿は立性で生育速度が速く、早生性に優れるF1水菜です。

【葉色】

 濃緑で、葉幅は中位、欠刻は深く入ります。

 葉軸は白く、がっちりしており、収穫調整が容易です。

【特徴】

 株張りがよく、一株重が重く多収性の品種です。

 葉軸の繊維質は少なく、シャキシャキ感のある歯ごたえは格別で、サラダにして最適です。

 また従来の浅漬けや煮炊きにしても美味しいです。

栽培要点

1.圃場の準備

肥料は元肥を中心にし、三要素各10kg/10aを基準とし、夏期は各6~8kg/10a、冬季は各12~13kg/10aを目安とします(二作目以降は生育に応じて加減します)。立枯病など土壌病害予防のため、定期的に土壌消毒を行うことが望ましいです。

2.播種・育苗

うね幅120~150cmで条間8~10cmを基準とします。播種はシードテープを用いて直播きします。株間は7cm間隔で1粒まきし、間引きしません。播種後充分に潅水し、寒冷紗で被覆して一斉に発芽させます。

3.収穫までの管理

早春のハウス栽培では抽苔しやすくなります。特に生育初期の低温は花芽分化を促進させますので注意が必要です。春・秋の暖かい日はハウス内の換気を充分に行い軟弱徒長を防ぎます。

4.収穫・出荷

草丈28cm位になれば順次収穫します。収穫後は急速に品質が低下しますので、速やかに子葉・枯葉・根部を除去 し、調整・袋詰めを行います。この時できるだけ水洗いはしないようにします。

5.病害虫防除

水菜は茎葉部を食しますので、病害虫防除は生育初期の予防的散布を基本とします。小~中株獲りの害虫防除には被覆資材を用いて薬散回数を少なくします。 主な病害虫:ベト病、白斑病、白さび病、軟腐病、立枯病、コナガ、カブラハバチ、キスジノミハムシ、ヨトウムシ、アブラムシ


納期の目安について
  • メーカーから直送(発送)の場合、5営業日
  • メーカー在庫の場合、前項プラス2日
  • 専門店が在庫している場合、2営業日
  • 専門店へ引取の場合、即時

購入者レビュー


    おすすめの商品