白菜 晴黄75(はれぎ) L5,000粒

<メーカー希望小売価格※> ¥ 13,100(税抜)0(0)
※メーカー希望小売価格とは?

葉菜はくさいメーカー在庫あり

べと病耐病性!耐病性と肥大性にすぐれた黄芯系中早生種!

Responsive image
【播種期】
・中間地:①8月播き②8月播き、9月播き
・暖地:①8月播き②9月播き

【収穫期】
・中間地:①11月収穫②12月収穫
・暖地:①11月収穫、12月収穫②12月収穫


●べと病強耐病性の中早生種
根こぶ病、軟腐病、ウイルス病などに強く、特にべと病耐病性にすぐれる。草勢旺盛で栽培容易な年内どり中早生種。

●生理障害に強く作りやすい
石灰欠乏症(縁腐れ・芯腐れ)やゴマ症などの生理障害の発生が少なく作りやすい。

●玉肥大にすぐれる
草姿立性で株ぞろいがよく、肥大性にすぐれる。

●玉の品質にすぐれる
玉の形状は尻張り・胴張りのよい砲弾形で球頭の被りもよい。
球内色は濃黄色で、葉質がやわらかく品質良好。

栽培の要点

●無理な早まきは避ける
むやみな早まきは病害発生が、遅まきでは球頭のしまりや肥大不足が心配されるので、適期播種を心掛ける。

●元肥を控えめに
本種は生育が旺盛なため、特に元肥の過剰施肥は外葉ができすぎて、生育後半に病害が発生したり、玉じまりが劣ることがある。元肥は控えめとし、外葉の過剰生育を抑える。
結球初期には追肥をし、生育後半まで肥効を保つことが重要。生育後半の肥料切れは、肥大不足の原因となる。

●生理障害対策
生育初期でのチッソ過剰吸収や収穫遅れは、ゴマ症や縁腐れ・芯腐れなどが懸念される。適期収穫を心掛け、元肥を減らして追肥型の栽培をすることで、初期のチッソ過剰吸収を回避する。

●病害対策
高温多雨や高温干ばつなどの不良条件が重なると、細菌病や白さび病の発生率が高まる。生育初期から定期的な株元への薬剤散布で病害の発生を予防することが大切。
根こぶ病耐病性は、「黄ごころ」シリーズと同等で、発生地では通常の防除が必要。


※メーカー名:タキイ種苗

納期の目安について
  • メーカーから直送(発送)の場合、5営業日
  • メーカー在庫の場合、前項プラス2日
  • 専門店が在庫している場合、2営業日
  • 専門店へ引取の場合、即時

購入者レビュー


    おすすめの商品