枝豆 黒大豆 黒千石大豆 130粒/株式会社グリーンフィールドプロジェクト

<メーカー希望小売価格※> ¥ 314(税抜)0(0)
※メーカー希望小売価格とは?

果菜黒エダマメメーカー在庫あり
商品発送について
指定なしの場合前払い決済の場合、ご入金確認後2営業日以内に発送いたします。
その他決済の場合(例:クレジットカード) ⇒ご注文確認後、2営業日以内に発送いたします。
発送前支払の場合お客様のご入金タイミングにより、お届け予定日が前後することがございます。

北海道の原種です。

Responsive image
パッケージ裏面
【特徴】昔から愛されてきた品種ですが、通常の大豆より日照時間が必要なため、栽培に手間がかかるので大量生産に向かないという理由で生産者が減り、1970年代には絶滅しかかった幻の大豆です。黒千石は、一般的な大豆に比べて小粒です。でも、その小さな体には驚きのパワーが秘められています。メディアでも「血管を若返らせる幻の大豆」として特集された「黒千石」。例えば、血管を老化させる原因の一つである活性酸素に効果がある「ポリフェノール」という成分。ポリフェノールの量は、豆類の中で最も多く含まれていると言われる小豆(660mg/100g)よりさらに多く(950mg/100g)含まれています。その他、免疫力を高め、アレルギー症状の抑制をサポートする物質などが発見されています。また、ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、脂肪の代謝を促し、内臓脂肪を減らす働きがあります。内臓脂肪が減ると、アディポネクチンという物質が増え、血管を修復し、血圧と血糖を下げる効果があると言われています。
【楽しみ方】ほのかな甘味と風味、そして小粒種独特の食感が人気です。料理研究家や一流レストランのシェフなどから近年高い評価を得ています。若採りして枝豆としても、また完熟の黒豆としても楽しめます。例えば炊き込みご飯。豆が小さいので、ご飯となじみが良くパクパクいけちゃいます。甘く煮た黒千石をヨーグルトにちょこんとかけて朝食に添えてもおいしい。抹茶のパウンドケーキに練りこんだり、スープに入れたり、手作り黄な粉を作ったり。野趣のある豆の風味は、お料理をキリっと引き締めてくれます。
【栽培方法】
播種適期:6~7月直播きかセルトレー・ポットで育てます。株間15~20cmで育てます。収穫適期は11~12月です。枝豆であれば10月中が収穫目安です。

購入者レビュー


    おすすめの商品